1. 2. 3. 4. 5. 6.
第2次世界大戦終戦の日は諸説あるようですが、一般的に日本では8月15日ですね。
小学校高学年以降、両親から戦争中の話を聞くこともあった。

高校に進学すると「日本は支那や朝鮮を侵略し、大勢の人を殺した悪い国」という考えが自分の中で勝手に独り歩きして、実際、高校時代には訳のわからないまま反戦運動に参加したり。
それが、とっても自己満足的なカッコ良さだと思い込んでいた。
友人の中にも大学時代は当時の過激派に所属している奴もいた。
自分は全く関係なく、バイクに夢中な10代後半〜20代を過ごしていた。

両親が亡くなり、色々と家の中を整理していたら古い写真が出てきた。
その中に父親が出征するときの写真があった。
赤紙が届いたのでしょうね。
どこの家の前かは分かりませんが、詰め襟を着た父親が大勢の人達に囲まれた写真。
父親の肩のタスキには「出征兵士・・・・君」と書かれている。
右手には国旗、左手には奉公・・・と書かれた袋?みたいな物を持っています。
若い・・・恐らく20代後半か30代になったばかりだろう。
自分が言うのも変だが眼光鋭くりりしい顔をしている。
釣りを教えてくれた父親とは別人の顔だ。
徴兵検査はその後だったのだろう、父親に病気が発覚して徴兵検査に落ちた・・・もし、実際に戦争に行って死んでたら自分は居ない。

相続関係で戸籍謄本等を取寄せ見ていたら、母方の兄弟にサイパンで玉砕した叔父の記述が。
亡くなったのはサイパン玉砕の1日前の日付になっていたかと思う。
両親の親戚関係も高齢で、当時の事を知る人も殆ど居なくなっているし、遺骨が戻っているのかどうかも分からない。

こんな事がきっかけで、靖国神社にも行ってみたくなった。
政治的イデオロギーなど全く関係なく、サイパンで戦死した叔父、そして200万に越えの兵士達、民間人。
今の平和があるのはこの方達のお陰です。
ただただ、それに感謝したかったこと。叔父にも感謝の祈りを捧げたかったので靖国神社に行くことになった。

戦後73年。
アメリカでも色々な文章が出てきていますね。
「正しい歴史」を知る事はとても大事ですし、先人達への供養にもなることでしょう。










あえて名前を出します。

株式会社Wizという会社の仙台営業所から今年の2月頃、営業電話がかかってきた。
NTTのギガらくWi-Fiを導入しませんか?という内容。
3ヶ月無料で、それまでに解約すれば全てキャッシュバックだと言う。
まあ、それなら使ってみてもいいかな、と思って契約。
その頃から同社から「電気代を見直しませんか」と多の部署から営業電話。
安くなるならいいかな、と思ってその気に。

しばらくしてWi-Fiの機器が届いた。
当然iPhoneと同じ位の大きさかと思ったら、届いた箱を開けたらとんでもない大きさ。
ロボット掃除機のルンバみたいな大きさ。ルンバは見たこともないけど。
確認しない自分が悪いんだけどね。

こりゃ邪魔なだけだわ・・・と思い、解約の意思を担当にメールしても返事がない。
しょうがないので電話して解約の意思を伝えたのが5月位だったのだろうか。
その後もNTTからの請求書が届くので、更にメール・・・返事無し。

6月だったか、再度電話して、解約の意思を伝え6月何日にキャッシュバックします、とのこと。
ところが全くキャッシュバック無し。
電話したところ「お客様の口座に振込手続きをしたところ口座が見当たらずで振込できませんでした」とのこと。
会社の口座なんだけど、他社さんからはちゃんと振込まれてますけどね〜。
で、個人の口座を教えて「7月23日に振込みます」とのことだったが、その後も全く振込無し。

少々腹も立ち、昨日本社の問合せ先に電話。
担当者に繋いでくれて説明を受けましたが・・・「担当した女性のミスで・・・・8月3日にキャッシュバック予定です」。

よくこれで客相手の商売しているなとの印象。
当然、電気の件も全てキャンセル。

株式会社Wizオススメできません。






物忘れと言うのか、うっかりと言うのか。

セルフガソリンスタンドで給油して、釣り銭を受け取り忘れたこと同じ店舗で2回。
最初にやらかしたのは、1万円札を給油機に入れてお釣りが3〜4千円あったのだろう。
この店舗は使用した給油機からお釣りが出てくるタイプではなく、少々離れた所に精算機が置いてあるタイプ。
出て来たレシートのバーコードを読取らせるとお釣りが出てくる。

お釣りを受け取らないままスタンドを出てしまい買い物へ。
精算の際に予想外に財布の中身が少なく「あれ?さっき万札でガソリン入れてお釣りどうした?」その場の精算は問題なくできたが、どう考えても財布の中身が変。

ガソリンスタンドの電話番号を調べて電話。
「お釣りはお預かりしております。いつでもどうぞ」
数日後、スタンドで無事に釣り銭を受け取ることができた。
店員さん曰く「よくありますよ」とのことで変に安心。

この「事件」以来、ガソリンを入れながら「お釣り、お釣り」と心の中で繰返し、お釣りを忘れることはなかった。

ところがつい最近、同じスタンドでガソリンを入れてる最中に店員さんに「空気圧は大丈夫ですか?」と話しかけられ、タイヤを交換してから1年以上経ったが1度も空気圧を確認してないな、と思って調整してもらうことに。
色々と空気圧の事を話しながら調整をしてもらった。

で、見事に釣り銭忘れ!(>_<)
スタンドに電話。「はい!はい!シルバーのフォレスタのお客様ですよね」・・・。
覚えられちゃったなあ・・・。

次に給油しに行った時に釣り銭を受け取ったが、その際に店員さんに質問してみた。
「私、2回目なんですけど、もっと多い方いらっしゃいますか?」
「はい、7回目の方がいらっしゃいます」ちょっと安心(^_^;)
やっぱり釣り銭は給油機にくっついてるタイプじゃないとなぁ・・・と給油機のせい。










仕事関係もあってヤマト運輸・日本郵便を常に使わせてもらってるけど、この両者のシステムを比べると、元お役所の郵便局は国際郵便に関しては恐らく世界一のサービスを誇っているはず。
ここ数年前から国際郵便であるEMS・ePacketを使っているが、料金は月極め(郵便は後納と言う)。
集荷にも来てくれるし、大きな声では言えないが、日本郵便の荷物なら何でも持って行ってくれる。

実際、外国人の客は「素晴らしい」と皆さん褒めてくれる。
「だから日本て好きなんだ」とかね。

何が郵便局が変なのかと言えば、EMSなどを出荷する際、たった1個の荷物に対して、A4で3枚もの印刷をしなければならない。
ヤマトはレシートサイズが1枚だけ。
荷物が複数有る場合でも、さっさとスキャンしてすぐ集荷が終わる・・・本当に早い。
郵便局はハンコを押したり・・・鈍くさいことハンパない。

今年から始めたUGXという大きな荷物を運べる日本郵便のサービス。
150cm以上の釣り竿も送れるようになった。
しかし、このサービスを利用するのに川崎にある南関東支社 法人営業室ってところまで2回程出向いた。まあ、それはそれで仕方がないのだろうが、ちょっと民間(今では民間だけど)とは違うな〜って。
ヤマトのメール便の件も、民間苛めにしか思えなかったし。

そして、今日最悪だと思ったのは 郵便不着調査申請のページ。
客の個人情報やこちらの情報を入力するのだが、今どき全角で入力しろ、とエラーになる。
じゃあ、A-501なんて部屋番号どうするんだって?
たった1通の郵便物の調査依頼に同じことを何度も入力させられる。
15分はかかったろう。
途中で「このバカ、もういいわ!」とか切れかかったが、自分が売った物だし。
誰がこんなシステム開発したんだか(-_-#)

で、クロアチア宛てのUGXが6月24日に出荷。
なんでもかんでも香港へ。これはしょうがないとしても。
クロアチアを通り越して(笑)ロンドンへ。
ここから全く何も変化無し。
UGXへ問合せしても「調べて連絡します」と言ったきりなんの返信もなし。




朝食時のテレビ・・・テレビの電源が入ってるからしょうがなく目が行くが、朝日系の社員が「こんな試合をしててよいのか?!」と吠えていたが。玉川さんだったか。サッカーW杯がどんなものか分かってないんだろうな。



カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2
5 6 8 9 10 11
13 14 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[04/16 OGU]
[05/08 kazu335]
[12/04 kazu335]
[12/04 サンパラOhtani]
[08/22 kazu335]
メールフォーム
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者アナライズ
|
shinobi.jp