1. 2. 3. 4. 5. 6.

鈴木司と櫻田武の「つかさく」Duoライブを見に川崎ハーベストムーンへ。
JR川崎から京急川崎方面で、線路沿いに行った踏み切り近く。
ところが、店が見えているのに信号がない・・・ちょっと遠回り。
こぢんまりとした店。

始まる頃には席が足りない程の人が。
このDuoは以前から気になっていた。
別々には何度か見たことはあったね。
座った位置が悪くて正面からの写真が撮れず。
 
終了後はばっちり
この日、お客さんにプロのマジシャンがいて、いやはやトランプのマジックって基本なんだろうけど、凄かった。

まったくどうやってんだか分からない。

楽しいライブだった。笑わせてもらったし。
司さんは高校の後輩。懐かしい当時の話もちょっとできたしね。



ここ2年くらいは「JAPAN BREWERS CUP 2019」もご無沙汰。

風邪も治ったので横浜大さん橋ホールまで行った。
相変わらず港の近くは方向がよく分からない。

間違えながらも大さん橋に到着。

この寒さの中、ビールを飲む人ってそんなにいないだろうって思ったのが甘かった。
会場内は結構な混雑。
ステージは一番奥。
久しぶりに会ったノビちゃんに楽屋まで案内してもらう。

コータロー君に会うのも久しぶり。

ノビちゃん、ありがとう。

彼等本日2回目のステージ。
こういう催し会場でブルースで通すってのが凄い。

熱いステージでビールも美味しかった。

コータロー君と俺は「ブルースマン」ではなく「チーズマン」
そして、帰りは日吉のジ・エンドへ・・・。




先週の水曜、原宿クロコダイルに行った。
中島正夫氏率いるバンド。
その2日後くらいに「あれ?鼻の奥が痛い・・・」これって風邪っぴきの前兆。
そう言えば、正夫氏のライブに「一緒に行った人」が「風邪ひいたかも」と言いながらこっちを向いて(>_<)咳をしていたっけ。
昨年も確か1回風邪をひいたが、この時も電車に乗った後。
滅多に電車に乗らないけど注意はしてるんですよ、手洗い。
それでも伝染するんだなぁ。
「一緒に行った人」はインフルエンザ確定。でも、あまり重くならないインフルエンザだとか。
風邪程度では薬は絶対に飲まない。
軽い寒気だけだったので、暖かい食べ物と睡眠。12時間寝た日もあって腰が痛くなるくらい。
熱も計ってないが37度ちょっとくらいはあったのかも。
ほぼ、こんな症状も治まったかと思ったら咳がでるように。でも、そんなに辛い咳でもなかった。
症状が出てちょうど1週間。軽傷のまま完治です。
この風邪のせいで、楽しみにしていた友人達のライブにも行けず・・・今夜は大桟橋へ行ってみる。

ビルワーズカップ2019。
過去、何回か行ったけど、こんな寒い時期だったっけか。
 
櫻田武とコータローの演奏もあるので楽しみ。
このポスターのイラスト、どう見てもこの2人だよね〜。





 

あまりアコギでライブやることもないんだけど、過去に一回だけかな。
純正のハードケースが大きすぎて、重い・周りに迷惑・かっこ悪い・・・まあ、かっこ悪いってのは個人的な意見ですけど。
近日アコギ(正確にはエレアコ?)で演る予定なので、ソフトケースを探していた。
オベーションはボディの厚みがあるので、なかなか合うケースがないんですよ。

諦めかけていたときにコイツを発見。
Amazonで2,180円。一応、厚さも確認し、多分入るだろう、ということで購入。
到着まで5日〜10日の設定になっていたので、これは支那製で支那本土から直接送られて来るんだなと。
最近のAmazonは支那セーラーの進出が凄いようですね〜。

予定よりも3日も早く届いたので驚き。
相変わらず支那から届く荷物は黄色いテープでぐるぐる巻き。
もうちょっと荷物の見てくれとか考えないのか?とも思うが、これはもう国民性の違いだね。

そして、早速入れてみた。
ぴったり!

背負うこともできます。
まあ、2,180円なので文句は言えませんが、高級感はありませんよ(笑)
チャックも頼りなさそうだし。
ポケットも大きいので譜面やらシールドも問題なく入ります。





Sidemen行ってきた。

勿論、爺婆割引でね
でもさ、1,000円で映画観れるって嬉しいでしょ。
新宿のこの映画館は何度か行っているけど「年齢を証明できる物を見せてください。
」と言われたのは初めてだった。
60歳には見えなかったってこと?あはは。
アメリカじゃブルースを聴く白人などほとんど居なかったが、ヨーロッパは違ってたわけで。
ブルースがアメリカに逆輸入されてロックが生まれたと。
当時、日本でもブルースのレコードを置く店は少なかった。
ディスクユニオンですら1列50枚くらいしか置いてなかった。
手に入れややすかったのはイギリス盤。しかも、白人ミュージシャンとアメリカから来た黒人ミュージシャンの共演盤。
しかし、なんともこれが薄っぺらいと言うか・・・今聴けばね。でも、自分もそれを何回も何回もレコードを聴いて3コードを身に付けようとした。
だからこそ、あのデルマークやチェスのシリーズが発売された時には感動ものだったわけで。
つまり、観ておいた方が良いよ、って映画でした。


新宿を出て大倉山へ。

友人のライブを観戦。
西湘に越した8年前、地元でブルーススポットやらバンドはあるかな、と探していたら平塚レインや戸塚憲吉&ブルースフレンズを発見して、何度かライブにお邪魔した。
戸塚憲吉&ブルースフレンズのドラマー井上氏とお会いできた。

それ以来・・・6年〜7年ぶりだろうか。

いやはや、友人のバンド以外は爆音。
耳鳴りですよ。
なんでギターをあんな歪ませた音で弾くのかよーわかりませんが。
耳治しに某バーに行こうとしたが、お休み残念・・・。



カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
[01/16 スーパーコピーN級品激安販売通販専門店]
[11/30 NONAME]
[11/30 NONAME]
[11/30 NONAME]
[11/30 NONAME]
メールフォーム
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者アナライズ
|
shinobi.jp