1. 2. 3. 4. 5. 6.

2017年の1月、FacebookでニュージーランドのMr.Dmitriy Krolと友人になった。

彼は当MJPから何度もルアーを買ってくれた。
彼は「いつか日本に行きたい」と言っていたが、本当に1月27日に日本にやってきた。
可愛くキュートなパートナーHeidi-sanと一緒に。

彼はロシア人なのだが何年か前にニュージーランドに移住。
プーチンのことは嫌いらしいが(笑)ロシア帝国のこと、ロシアの歴史を誇りに思っている。
だから、彼も世界一古い国家日本にも敬意を払ってくれている。
日本人は自国が嫌いな人達が他国に比べて多いように思える。
自国が好きになれずに他国を好きにはなれないし、敬意も払えない・・・ああ、例外は3国程ありますけど。

成田に降り立った彼らは、馬鹿な日本のテレビ局に捕まることもなく渋谷の滞在先に到着。
この日はRADATAP Duoライブだったが、時差ボケ(NZは4時間進んでいる)もあるし、しかも東小金井まではさすがに来れない・・・残念。前週だったら彼らの宿泊先から歩いて数分のところにテラプレーンがあったのだが。

28日の日曜13時にハチ公前で待ち合せをした。
英語は7年(日本人なら誰でも最低3年は習う)程学校で習ってはいるが、話せるわけもない。
相変わらずハチ公前には待ち合せの人達で溢れていた・・・お!彼が笑顔で手を振っているのが見えた。
11時間もかけて日本に飛んで来た彼らに会えた。

もう、行く場所は決まっていた。桜ケ丘のキリンシティ。全面禁煙になったしね。
D-sanも相当な煙草嫌いで、以前チャットで「届いた荷物が煙草臭い」と彼が怒っていたっけ。なんだ、私と同じだと大笑い。

2016年にオーストラリアから来たMr.Sydneyだったか、「言葉が通じなくてもビールが翻訳してくれる」これは名言だ。
そんな訳でキリンシティへ。

あっちゃんはアメリカにステイしてたこともあって少しは話せるが、今はGoogleという素晴らしい「翻訳機」を誰でも手に入れることができる。
凄い世の中になったものだ。これが無かったらMJPも仕事にならない。
iPhoneに向かって日本語で話せば翻訳してくれる。相手に画面を見せても良いし、音も出せる。
まずは乾杯をして、お互いのお土産を交換。
ギャグも通じるし。何と言ってもこの1年間毎日のようにD-san とはチャット状態だったから。
仕事ができやしない

 
D-sanはドラマーでもある。以前はパンクバンドをやっていたそうだ。
「じゃあ、スタジオでセッションをしよう」って話しには以前からなっていた。
近くのスタジオで2時間程セッション。愉快な時間だった。
そして、終了後は居酒屋でぐちぺんの水口氏と合流。
一番酒を飲みそうな顔をしてる水口氏はアルコールは一切受け付けない。

こうして、楽しい渋谷の1日は終わった。

外国人と接していると思うことは、彼らは自国を誇りに思っている。
だから他国にも敬意を払うことができる。

日本人はあまり人を褒めない。
誉め殺しする人も居るけど(笑)

言葉の違いと言えばそれまでだが、「兄弟」「友達」も多用する。
こちらが照れるようなことを簡単に言う。

だから、こちらも普通に言えてしまう。
日本人同士では「よう兄弟」「ありがとう。私の友達」とは言わないしね。
照れ臭いし。
日本人は言葉に出さなくても通じる・・・みたいな所もあるのだろう。

そして、彼らは31日午前、京都に向かって行った。

東京駅の前で日の丸を背景に撮った写真を送ってくれた。
嬉しいじゃないですか!

そうだ!彼は明治神宮にも行ったそうだが、屋根の銅版を貼替える工事が始まるらしい。
その寄付を明治神宮が募っていた。
彼らは寄付をしてくれたそうだ・・・日本人でもなかなかできないことを彼らはしてくれた。
ありがとう!
京都・大阪、日本をもっと楽しんでください。










ぐちぺん」埼玉湾漁業組合さんがTシャツを作ったので,
国内外に何枚か売らせていただきましたが、自分でも作ってみようかと。
せっかくニュージーランドのお客様が基本デザインを送ってくれたので、自分がトレースしてチョンマゲを足してロゴを描き加えてみました。
結局、今までのロゴは使用しないので、FBやらその他のロゴを変え、更に名刺も作り直し。

こんな感じです。
名刺は作ったばっかりでまだ80枚位残ってるし
封筒は長三も角2もちょうど無くなったのでロゴを変えて印刷。

そしてマグカップは先日もここに掲載しましたが、ついにTシャツも海外から要望があったので、作ることに。
 
こんな感じに出来上がりそうです。
一応、サムライブルーなイメージですね。

もしも、もしもですよ「欲しい!」なんて方がいらっしゃったらこちらまでどうぞ。
クリックポスト送料無料で送らせていただきます。




10月末、ヤフーショッピング経由でブラジルの方からご連絡をいただく。
ルアーを売ってくれと言うので、PayPal決済後にEMSを利用して商品を送った。

写真の通りだが、11月1日に発送し、11月3日にはサンパウロに到着。
地球のほぼ裏側とはいえ、早い!と感心するも、配達状況を追跡すると未だに通関手続き中となっている。
心配だったのでご本人に連絡をしたのが11月10日頃。
全く心配しておらず、ブラジルでは税関で1週間止まるのは当たり前だそう。
で、もう18日・・・未だに「税関検査のため税関へ提示」。

色々調べてみると、関税は60%らしい。
それも、運がかなり左右するとか。国民性でしょうね〜。
あるブラジル在住日本人の方のブログ。人生ゲームに5,500円の関税がかけられたそうだ。
そりゃ、人生はゲームみたいなもんだわな、と変な感心をしてしまう。
オモチャの判定だったのでしょう。

アジア・オセアニア・アメリカなどは発送日を入れて4日目には配達完了される。
せっかく、ブラジルで人気の高いルアーを扱っていてもこれじゃあねえ〜。








6年ぶり・・・いや、もっとか。

Sydneyを築地の「うまいもん屋」へ連れて行った。
この店はよく通った店。
変わらず刺し身が美味しかった。


刺し身と言えば日本酒です。
今宵も通訳さんご同伴。

いつもオマカセなので次々に良いタイミングで料理が出されます。

こういうのは初めての人にはかなりのインパクトですね。

鮎の季節です。
オヤジがアユ釣りが大好きだったので、鮎を見ると一緒に釣りに行ったことを思い出します。
その他にも沢山の料理が出てきました。


Sydneyはまだ銀座に行ってないのようだったので、歩いて銀座まで。

濃い二日間でした。
Sydneyも喜んでくれたようです。
25日早朝に日本を離れ帰国。
それにしても、よく呑んだ(x_x)




オーストラリアから友人Sydneyがやってきた。
渋谷はハチ公前で待ち合わせ。
ハチ公で待ち合わせなんて45年ぶりか。
ハチ公は移動してるし。
まずは近くの家電量販店へ。

タブレットの充電器を購入。



彼はビール好きなので、とりあえずキリンシティへ。


オーストラリア人は枝豆を取り出して箸で食べてた。
正しい食べ方を教えてやる。


通訳#01さんと待ち合わせ。


近くの居酒屋へ。


日本の食べ物はなんでも食べれるらしいが、納豆と鳥の内臓系はダメ。


通訳#01さんは、Sydneyから「チャンピオン」の称号をいただく。

少々遅れて通訳#02さん登場。

次の店は昔懐かしい「細雪」。

30年以上も前、よく通ってた店です。
刺し身はいつも来ても美味しい。
何年か前、20年ぶりで行ったのですが、おばちゃんが覚えてて「昔、ギター担いで来てたでしょ」と。
この日はおじちゃんが「おめえ老けたな〜」だと。
そりゃ、30年経てば老けますって。

残念ながら来年3月で閉店だそうです・・・。

絶好調で4軒目はイタリアン。
クレイジーな渋谷の夜でした。








カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[01/26 コピー財布 韓国]
[11/24 スーパーコピールイヴィトン]
[11/20 Free Android Apps Download]
[11/12 ルイヴィトン 財布韓国コピー]
[04/16 OGU]
メールフォーム
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者アナライズ
|
shinobi.jp