1. 2. 3. 4. 5. 6.
1990年頃はフライフィッシングにハマっていた。
多分、故・西山徹キャスターが「フライで鯉が釣れる」というのを釣り雑誌に記事を書いたのが最初だったと思う。
彼は関戸橋周辺で釣っていたようだけど、自宅から近いこともあって狛江によく通った。
トップで釣れるのでスリリングだし、パワーも凄い。
#4タックルだとバッキングまで出されてしまうし。
安全のためにも#6か#7位がいいのかな。
自宅からバイクで15分もかからないところでコレだから。
芦ノ湖に行く回数も減るってもんだ(笑)

当時は今のようにデジタルビデオもないしiPhoneもない。
8ミリビデオだよね。
画質は悪いけど、デジタル化した映像もある。

狛江での鯉釣り。






ニュージーランドに行ったSwag Pencilの動画が送られてきました。
風切り音にご注意ください。

あちらは冬なので実際の釣りは厳しいのでしょう。




CHASEのSwag Pencilがニュージーランドに。

友人が写真を送ってくれた。
シングルフックよりトリプルの方がバランス等が良いそう。
間もなく動画も届く予定。
こちらからご購入ができます。




北の大地からSwag Pencil/スワッグ ペンシルが届きました。
 
北海道の海サクラマスや海アメマス釣りでは人気のサクラスナイパー作者、CHASE工房の腰越さんによるオールハンドメイドペンシルです。

プロトタイプによるテストではマグロも釣れています。
お問合せご購入はこちらです。








8月末頃だったか、フランスに送らなくちゃならない荷物を間違えてクエートかアメリカに送ってしまったようだった。
クエートとアメリカのお客様には丁寧なメールを書いて送信。
しばらくするとアメリカからは写真付きで「あなたが間違えたルアーは入ってなかった」と返信を頂く。
そして、クエートからは写真付きで「見つけた!」と写真付きで返信が。
まずは一安心。
送料はすぐに払うのでルアーを送り返してもらうようにお願いをした。
「送料は次回の買い物時に相殺してくれればよい」とのことだった。
あ〜、もう皆さん本当にお優しいです。

昨日、やっと戻ってきた。
そして、このルアーはフランスへ
このルアーはいったい距離にしてどんだけ移動したんだろう。
調べてみると、日本からクエートまでは往復16,402km。そしてフランスへ。
日本からフランスまでの距離が9,844km・・・・・計26,246km・・・・距離も凄いが儲けも無くなった







カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
5
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[01/24 Kazu335]
[01/24 NONAME]
[01/23 Kazu335]
[01/23 NONAME]
[06/02 Kazu335]
メールフォーム
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者アナライズ
|
shinobi.jp