479. 478. 477. 476. 475. 474. 473. 472. 471. 470. 469.
全く反省していない某新聞社の横を通り、今年もオルガニスト美女達の響演を観に汐留BLUE MOODへ。

さて、今年はどんなサウンドを聴かせてくれるのでしょうか。

中学時代に初めて買ったジャズのレコードがジミー・スミスのザ・キャットだった。
思い起こせば小学校の時にカワイオルガン教室に通っていたことがあって、嫌で嫌で途中でやめた。
続けていればなあ、と今更の後悔。
だって、鍵盤弾ける人って他の楽器の人より頭が良さそうに見えるし(^_^;)

少々、遅れて到着。
既に苅部さんの「真由funky3」の演奏は始っていた。
5バンドが出演するので、各バンドの演奏曲は3曲〜4曲でしょうね。
ハモンドの音は昔から大好きだったけど、目一杯堪能できました。

苅部さんと。

サポートの各メンバーも皆さん若いし上手いし。
その中でも、名前だけは以前から知ってはいましたが、初めて観た小野アイカさんの演奏は男前。この日のギターリストの中では一番良い音で心に響きましたね。
牧野さんのお弟子さんだとか?
なるほど随所に牧野節が。

演奏終了後も外は明るい・・・新橋まで歩き安居酒屋へ。
しかし、後ろの席にチン◎ラと思われるク◎ガキが巻き舌で騒いでいて喧しい。
気分も悪いので、日本酒専門店「野崎」へ移動。
少々、名前に問題がありますが(笑)

ここであっちゃんとはお別れして新橋駅に行くと、怪しげな男がホームに。

こんな端っこで何をしているのか。
誰かと思ったら、某スポーツ新聞社の社員の方じゃないですか。

彼は大船なので、途中下車して大船の某スナツクへ。
で、大船からの帰りはやっぱり乗り過ごしたけど、まだ上り電車がある時間でした。








この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/24 Kazu335]
[01/24 NONAME]
[01/23 Kazu335]
[01/23 NONAME]
[06/02 Kazu335]
最新トラックバック
ブログ内検索
管理人連絡先
カウンター
アクセス解析
ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者アナライズ
|
shinobi.jp