321. 320. 319. 318. 317. 316. 315. 314. 313. 312. 311.
その昔、1970年代初めにウエスト・ロード・ブルース・バンドが登場してから、日本全国一大ブルースブームが起きましたね。
この頃、初めて東京でライブを演るウエストロードブルースバンドを代々木「苺の目覚まし時計」で見たわけですよ。
脳天を杭で打たれるような衝撃を受けたのを今でもはっきりと覚えています。
その中でも特に塩次伸二さんのギターは、今でも「世界一!」と思っています。

そして少々遅れて出てきたファッツ・ボトル・ブルース・バンド。
彼らのライブを見たのが当時青山にあったVAN99ホール。
99の通り、ライブは99円で見れました。
100円を払うとチケットに1円玉が貼付けてあります。
ここまで書いてから、もしかしたらこの時は福島”たんめん”岩雄さんの記憶が鮮明にあるので、福島”たんめん”岩雄とミッドナイタースだったのか・・・(^_^;)

ファッツ・ボトル・ブルース・バンドのギターは田中晴之さん。
彼も塩次さんに衝撃を受けたお1人だと思います。
塩次さんが唯一「ブラザー」と読んでいた方です。
そんなファッツ・ボトル・ブルース・バンドのもう1人のギターが船岡辰哉さんだったわけです。
船岡さんが最近都内でライブを演っているのを知って、機会があれば必ず行きたいな、と思っていたら西野やすしさんと2ギターでライブの情報もあり、数年ぶりに学芸大学メイプルハウスへ。

西野さんもかなり以前から一度は見たいギターリストだったわけで、ウワサ通り鋭い切れ味のギターとトークでした。放っておくとずっと喋ってます(^_^;)
そして、船岡さんの声も懐かしい!


終了後は楽屋に押しかけ船岡さんと懐かしい話しもできました。
しかし、この男性との2ショットと・・・。


こちらの2ショットでは顔が違いますよね〜。


昔のバンド仲間、メイブルハウスのオーナーとも数年ぶりに再会。
最近は懐かしい出会いが多いですね。












この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/24 スーパーコピールイヴィトン]
[11/20 Free Android Apps Download]
[11/12 ルイヴィトン 財布韓国コピー]
[04/16 OGU]
[05/08 kazu335]
メールフォーム
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
忍者アナライズ
|
shinobi.jp